2018年度「キッズクラス」募集について | 親子山学校

キッズクラス

満4歳以上の子どもと親が、 一年間の低山トレッキングを通して <歩くチカラ>を育む「キッズクラス」―――。


新年あけましておめでとうございます。
4月から始まる新年度に向けて、「キッズクラス」第8期生親子メンバーを募集します。今回はその事前案内として、簡単なQ&A形式で基本情報をお伝えしておきます。

Q・募集はいつからですか?
A・2018年2月13日(火)に、「親子山学校オフィシャル・ブログ」(当サイト)に「募集要項」をアップします。

Q・募集期間と締め切りはいつですか?
A・2018年は2月13日(火)から2月17日(土)21時までの間に、要項にそった申請内容をメールで送っていただきます。ただし、申し込み多数の場合は、早めに締め切ることもあります。

Q・応募に当たってはどんな条件がありますか?
A・満4歳から小学生までの、お子さんと保護者との親子で参加していただきます。毎月1回の月例トレッキングを一年間(全12回)休まずに参加できること。親子山学校が掲げる規範を遵守できること。基本となる山の装備を親子で揃えられる。などがあります。国籍等は問いません。

Q・どんな山に登るのですか?
A・主として東京西部に広がる標高1000メートル以下の低山(高尾山系や奥多摩の一部の山、中央本線沿いの山など)をフィールドに登っています。毎月の土日・祝日の中から三回の実施日を設けますので、その中からご都合の良い日を選んで参加できます。

Q・キッズクラスとは、どのようなクラスで、どんな活動をしていますか?
A・親子山学校は首都圏在住の親子メンバーで構成されています。在籍する親子は約200名。キッズクラスは4歳から6歳までの未就学児が大半を占め、山登りを通して小さな子どもたちのココロとカラダを育むことに主眼をおいて活動しています。ですから、たんに登山のスキルアップを求めたり、次々とピークハントをしたい親子には向きません。団体登山のカテゴリーで取り組んでいますので、時間やルールが守れない親子には不向きです。ほとんどの親子が毎年「継続」参加されており、仲間と一緒に子どもたちの成長を数年に渡って見守る良さがあります。アレルギー、アトピー、発達障害などをもったお子さんも参加しています。リーダー、サブリーダーも親子メンバーが務めます。年間を通して同じメンバーで活動しますので、安心して親子登山が楽しめます。

Q・登山経験がなくても大丈夫?
A・初心者親子を歓迎します。メンバーの多くは山の初心者です。登山経験が豊富な親御さんは個人的に親子登山をすべきでしょう。

Q・申請には審査などはありますか?
A・参加したい親子の氏名や生年月日、連絡先などの基本情報のほかに、簡単な作文を書いていただきます。

Q・参加費などはどうなっていますか?
A・月謝形式をとっています。お休みした月は、その月謝が翌月に繰り越されます。月謝以外には、年度頭に年間保険料を含めた年会費を納めていただきます。

Q・説明会はありますか?
A・入校が決まった親子には3月17日(土)に「説明会」を開催します。そこで装備の実際から、キッズクラスの取り組みの詳しいお話をいたします。先輩親子も参加しますので、どんなご質問にもお応えします。

以上
詳細は2月13日にアップする「募集要項」をよく読んだ上でご検討、応募して下さい。

2018年1月7日
親子山学校
主宰 関良一